表通りにコンビニエンスストアがやって来た

 俺は、帰郷して、早くも10年になろうとしてある。
当時、何故か、家中が、こちらに移るやいなや、気になった事がありました。
それはコンビニエンスストアでした。それまでは、ある程度の大都市に居を構えていたので、近所にはいくつも店先が乱立していたので、身寄り共に、便益に使わせて頂きました。
だが、今回の帰郷その後は、お世辞にも大都市と呼ぶには、勇気がいる処でした。
 俺が、30年程前に、地元を離れ上京したうちは、すでに当たり前のyesのように、町にコンビニエンスストアが溶け込んでいました。
翻って、当時のわが地元は、恥ずかしながら、1用事もありませんでした。
その出来事が残像していた事から、先ずは気になった次第です。僕らには、とっくに欲しいyesになっていたからです。
 いよいよ探してみると、当然というか、数件しかありませんでした。
コンビニエンスストア=快適の方式が成り立つ訳ですが、否定されてしまいました。
 先々、年が経つに連れて、少々と見かけるようにはなっていきました。
それが、こっち2?3年に関して、某コンビニエンスストアがわが市に積極拡散を始めたのです。きっと売り込み戦術により選ばれたのだと推測されますが、俺にとっては理由は関係のない事です。いまや、瞬く間に、そのコンビニエンスストアだけでも、わずか10万人に髪の毛が生えた程度の街角に、数字十用事あり、他のコンビニエンスストアも加えれば、探すのに苦労しなくなりました。
 コンビニエンスストア=快適のクリアです。
僕ら身寄りにとっては、只々、嬉しい気分で、いっぱいです。借金返済で相談 したいことがあります

表通りにコンビニエンスストアがやって来た